検索キーワード履歴
    jp-stkclr-july2022_jp

    PWM

    PWMは、Pulse Width Modulationの頭文字を取った略語です。パルス幅変調とも呼ばれ、半導体を利用した電力を制御する方式の1つです。オンとオフの繰り返しスイッチングを行うことで、出力される電力の制御を行います。

    PWMはパルス列のオンとオフの一定の周期のもとに、一定電圧の入力からオンの時間幅を変化させて電力を制御します。オン・オフの周期を早めることでオンのパルス幅に比例した任意の電圧が得られます。

    種類

    • PWM電圧モードコントローラ - 制御電圧(Vc)とPWMランプ入力圧(Vramp)を印加することで動作します。
    • PWM電流モードコントローラ - インダクタ電流にフィードバックする2番目のループを追加して、PWMランプを形成します。
    • PWMスイッチングレギュレータ - 入力電圧をPWMコントローラからフィードバックして、出力電圧を一定に保ちます。

    用途

    優れた制御性と高効率が特長で、主にインバーター回路で使われていますが、ブラシ付きDCモーターの回転制御や、スイッチング電源の制御、LEDの調光などにもPWMを使われています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数