システムオンチップ (SoC)

システムオンチップ(SOC)は、コンピュータのすべての機能を1つのマイクロチップ上に組み合わせた集積回路です。一般的には、スマートフォン、ワイヤレスルータ、タブレット、ウェアラブル技術に使用され、システムオンチップは多くの小型機器で複雑さを増すコンピューティングのニーズを処理します。


システムオンチップは、どのような用途に使用されますか?

ハンドヘルド電子機器を使用している場合は、システムオンチップを装備していると考えて間違いありません。消費電力が少ないため、小型機器での使用に適しています。デジタル、アナログ、ミックスドシグナル、さらには高周波機能まで、すべて1つのチップで対応できます。


システムオンチップの構成

システムオンチップには用途に応じてさまざまな要素を含めることができます。通常は次のような構成になっています。

  • CPU - 集中処理ユニットで、入力判断を担当します。
  • GPU - グラフィック処理ユニットで、ゲームの再生を可能にします。
  • RAM - ランダムアクセスメモリはアプリケーションやその他のソフトウェアの実行に欠かせません。
  • ROM - 読み取り専用メモリは追加のストレージとして必要です。
  • モデム - 3Gや4Gのワイヤレスネットワークを使用するための接続装置です。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) プロセッシングユニット アプリケーション テクノロジー 実装タイプ パッケージタイプ ピン数 寸法 高さ 長さ 動作供給電圧 Max 動作温度 Max 動作供給電圧 Min 動作温度 Min
RS品番 165-5132
メーカー型番ATSAMR21G18-MR210UA
メーカーMicrochip
¥1,576.00
購入単位は1個
マイクロコントローラ ZigBee ARM Cortex, IEEE802.15.4 表面実装 SMT 42 - - 19mm 3.6 V +85 °C 1.8 V -40 °C 20mm
RS品番 2552450497
メーカー型番MCP3221A0T-E/OT
メーカーMicrochip
¥561.00
購入単位は1個
- - - - - - - - - - - - - -