プロセッサ・マイクロコントローラ

当社では高性能プロセッサとマイクロコントローラ製品を幅広く取り扱っています。マイクロプロセシングユニット(MPU)、デジタルシグナルプロセッサ(DSP)、マイクロコントローラ、これらはすべて、世界をリードする半導体メーカーの製品です。

マイクロコントローラ(MCU)の概要

マイクロコントローラは、単一の集積回路内にある小型コンピュータで、独自のメモリと入出力(I/O)を備えています。マイクロコントローラ(MCU)には中央演算処理装置(CPU)が搭載されています。また、RAMとROM両タイプのオンチップメモリ、その他の周辺機器もあり、すべてが単一のチップに組み込まれています。マイクロコントローラは、小型コンピュータ組込みシステム、シングルチップコンピュータと呼ばれています。これは自己完結型のコンピュータと見なされているためで、完成したシステム内で各種デバイスを制御する、制御タイプのさまざまな用途のハードウェア内の特定タスクに最適です。

MCUの一般的なデータバス幅には、32ビット、16ビット、8ビットがあります。

一般的な内蔵周辺機器

  • アナログ-デジタルコンバータ(ADC)
  • デジタル-アナログコンバータ(DAC)
  • リアルタイムクロック(RTC)は、リアルタイムモニタリングで時間を正確に測定します。
  • ユニバーサル非同期レシーバ/トランスミッタ(UART) - パラレル信号をシリアルに、シリアルをパラレルに変換します。

プロセッサ及びマイクロプロセッサ

CPUとMPUは、必要な命令のフェッチ、デコード、実行によってタスクを実行します。メモリ(RAMとROM)は入出力とともに外部接続されます。中央演算処理装置(CPU)はマイクロコントローラとは異なります。これは主に、マイクロコントローラが、独自のメモリ(RAMとROM)を内部接続して完成されたミニコンピュータと見なされているためです。

プロセッサは、フェッチ、デコード、実行というサイクルの一環で入出力(I/O)の基本的な演算、論理、及び制御を実行することによって命令を実行します。CPUはマイクロプロセッサと見なすことができますが、コンピュータシステム内のメインCPUとして使用されていないプロセッサもあります。これは、コンピュータシステムには個別のアプリケーションに対して複数のプロセッサを搭載できるためです。グラフィックスやオーディオなどの特定デバイスは、コンピュータシステムのアプリケーション内で個別に処理します。これは、ソフトウェアを実行してコンピュータシステムのハードウェア全体をセットアップするメインシステムとは異なります。

命令セットアーキテクチャには、以下のようなタイプがあります。

  • ARM = 高度な縮小命令セットコンピュータマシン
  • CISC = 複雑な命令セットコンピュータ
  • ハーバードアーキテクチャ
  • RISC = 縮小命令セットコンピュータ
  • MIPS = インターロックされたパイプラインステージがないマイクロプロセッサ