検索キーワード履歴

    空気品質センサ

    空気質センサ(別名: 空気汚染センサ)を使用すると,空気中の汚染物質を検出して監視することができます.このセンサは,屋内では室内の空気汚染を検出し,屋外では空気中の有害物質や汚染を監視するために使用されます.人間や動物にとって毒性のある危険なガスや,皮膚から吸収すると呼吸器の問題を引き起こすおそれのある危険なガスを検出できます.

    こうしたセンサは,小型で持ち運びができ,低コストかつ低消費電力で,ほぼリアルタイムにデータを提供します.有害なガスや汚染物質及びそれが個人の健康や環境に与える影響に関する意識の向上に伴い,センサベースの測定装置が広く普及しています.

    このセンサは,空気中で検出される特定の有害ガスの濃度を測定して監視します.検出されたガス濃度がセンサの設定レベルを超えると, 機器又は計器でアラームが作動し,その区域から避難するよう警告されます.

    この低コストの汚染センサは,交通や工場作業が空気質に与える影響に関するデータの収集に使用されます.また,空気中の粒子状物質に関する室内空気質レベル, 湿度,温度を監視し,換気の悪い場所を特定することで,家庭環境を安全かつ清潔に保つためにも役立ちます.

    空気質センサの測定対象

    空気質センサは, 相対湿度, 周囲温度や二酸化炭素(CO2)レベル 揮発性有機化合(VOC), ホルムアルデヒド(HCHO), フレオンやその他の冷媒(CFC / HFC), ホスフィン(PH3), 硫化水素(H2S), 一酸化炭素(CO), 二酸化窒素(NO2), 酸素(O2), オゾン(O3),その他の可燃性, 有害又は有毒ガスのレベルの検出,測定,監視に使用されます.

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数