センサIC

当社では、ポータブル電子機器内の複数のデバイスからエアコンシステムまで、あらゆる用途に対応するさまざまな種類のセンサICを取り揃えています。これらの製品には、ICセンサ、加速度センサIC、ホール効果センサICなどがあり、どれもAnalog Devices、Texas Instruments、STMicroelectronics、NXP、Maximなどの信頼できるブランドの製品です。

ICセンサとは

集積回路(IC)センサは、一般に回路内及び基板上で使用され、幅広いパラメータを感知 / 検出します。温度、圧力、光、動きなど測定する要因に応じて、さまざまなタイプが用意されています。

センサICの種類

ICは信頼性の高い性能を備えた超小型部品で、コンピュータ、自動車、スマートフォン、カメラを含むほぼすべての電子機器で使用されています。集積回路1個の内部には、さまざまな複雑なタスクを実行する数千もの素子を収容でき、その中には複数のタイプのセンサも含まれます。一般的なスマートフォンには、さまざまな用途の最大14種類のセンサが使用されています。最もよく使用されるICセンサとその使用法について、以下に実例を示します。

  • 加速度センサ - 加速度又は速度を検知し、ウェアラブルスマートデバイスでの歩数の検知などに使用されています。
  • 温度センサ - 温度を測定し、一般にAC制御システムで使用されています。
  • ホール効果センサIC - 車両のギヤボックス内に搭載し、位置の変化を測定するために使用されています。
  • サウンドセンサ - スマートフォンのマイクなど、多くの場所で音声のデシベルや周波数を検知するために使用されています。
  • 近接センサ - 近くにある物の存在に反応する信号を送信します。
  • 光センサ - 周囲光の測定に使用できます。この値を解釈して、ディスプレイモニタは自動的に輝度を調整できます。