ベンチ電源

ベンチ電源は、ベンチで多数の電子機器やその他の電源を必要とするプロジェクトを実行し、異なる電圧で信頼性の高い電源を必要とする場合に不可欠な装置です。 取り組んでいるプロジェクトに応じて電圧を特定の値に調整することができるため、回路のテストに非常に便利な工具です。可変DCベンチ電源では最大電流を設定できるため、プロジェクトで短絡が発生した場合、プロジェクト内の一部のコンポーネントに危害が及ばないように、ベンチ電源がシャットダウンします。 ベンチ電源は汎用性が高く、正確で安定していて、コストもあまりかかりません。

電源を投入する際は、電流、電圧、電源、抵抗という4つの単位を認識する必要があります。回路に電圧を供給している場合は、その供給が引き込まれる電流に対応できることが非常に重要です。

一般的な使用では、リニアとスイッチモードの2つの基本的な電源装置タイプがあります。どちらもベンチDC電源として使用可能です。

リニア電源はAC電源を整流してDCに変え、フィルタリングと調整を行ってユーザーが選択可能な電圧又は電流レベルを生成します。50 Hz又は60 Hzのトランスとそれに関連するフィルタは物理的に大きいため、リニア電源は重量がかさみます。
スイッチモード電源は、同じ方法、つまりACライン入力電圧の整流とフィルタリングで始まりますが、DCを高周波ACに切り刻み(又は「切り替え」)ます。スイッチモード電源はリニア電源よりもかなり小さく、軽量かつ効率的であるため、多くの用途でリニア電源と置き替えられています。

用途:
● ラボ一般
● 教育
● 業界
● 研究
● 生産
● 作業場

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

選択した条件に当てはまる商品がありません。条件を変更してください。