型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

ベンチ電源 / 電力測定

この便利な装置は、作業台でセットアップできる電源が必要な場合に使用します。 専用の電源コードと出力接続方法を使用します。 さまざまな電圧の電源を必要とする回路のテストなどの用途で、電子機器に役立ちます。

可変電源

ベンチ電源は、可変電圧または固定電圧のものがあります。 可変電源は出力を調整する能力があるほか、 一定の電圧、 抵抗、 電流または電力にする能力も備えており、汎用性が求められる用途に最適です。 例えば回路のテストなどです。 可変電源には、電流制限と呼ばれる機能があり、シャットダウンするか、電流を最大定格に制限します。 通常、ゼロから指定された最大電流に電流を変更して、コンポーネントを保護するための制御があります。

リニア電源及びスイッチング電源

ベンチ電源には 2 種類の設計があります。

  • リニア電源 - 電気またはリップルノイズが小さく、封じ込めが容易です。 リニア電源は、繊細な回路への電力供給や熱の発生に適しています。 その結果、エネルギー効率が低下します。 50 Hz または 60 Hz のトランスとそれに関連するフィルタは物理的に大きいため、リニア電源は重量がかさみます。
  • スイッチング電源 - 通常、ポータブル用途により適したオプションで、より軽量でコンパクトなユニットです。 スイッチモード電源は、リニアと同じ方法で始動し、 AC ライン入力電圧の整流とフィルタリングを行います。 ただし、 DC を高周波 AC に「切り替え」します。 スイッチング電源は、出力に影響を与えることなく、わずかな電力損失に耐えることもできます。 リニア電源とは異なり、エネルギー効率が高い製品です。

ベンチ電源の選択

必要なチャンネル数を知りたいですか?それは 同時に使用するサプライの数によります。 ただし、ベンチ電源の場合は、少なくとも 2 つのチャネルが通常の方法です。

  • エネルギー効率–通常は、仕様またはサプライヤのデータシートに記載されています。
  • ライン調整– % で表現されます。 これは、入力ライン電圧の変化に対する出力電圧の変化を示します。
  • 負荷調整 - 負荷変動にもかかわらず出力電圧が一定であることを確認するための測定です。 優れた負荷調整により、負荷が増減しても出力電圧が変動しません。 これは、テスト結果を繰り返すことができない場合に重要です。