ノギス(キャリパ)

キャリパはノギスとも呼ばれ、長さ又は距離を計測する際に高精度で誤差がほとんどない計測器具です。ほとんどの場合、物理学実験、機械工場、エンジニアリングの用途で使用されます。多くのスタイルがありますが、測定の原理は同じで、測長器のニーズに合わせて、さまざまなキャリパが用意されています。主な特長は何ですか? キャリパは強固な構造で、最も一般的にはステンレス鋼で製造されています。防眩、又はサテン仕上げが特長の製品もあり、計測値を読みやすくしています。ノギスには、製品の内部、外部、深さ、ステップのいずれかの計測に限定している製品もあります。一方、オプションでこのすべてを計測できる製品も多く用意されています。キャリパは、メートル法とヤードポンド法の両方で計測値を確認できます。キャリパの種類 副尺付き(バーニア)キャリパ デジタル副尺付きキャリパ ダイヤル式キャリパ デジタルキャリパ スプリングキャリパノギス この製品は、球形状、円柱状の物を計測する場合に特に便利です。この製品では、固定された主尺と動かせる副尺が特長です。主尺の目盛りは通常0.1インチ又は1 mm、副尺の目盛りは通常0.02 mm又は0.001インチです。ダイヤル式キャリパ これは、副尺付きキャリパと同レベルの精度で計測できます。ただし、2つの尺を使用する代わりにダイヤルを使用しており、1 mm又は1インチ未満の少数桁をダイヤルで読み取ります。ダイヤルノギスでは、計測値は非常に読み取りやすくなっています。デジタルノギス このデジタルキャリパは、リニアエンコーダを使用して、内径及び外径を測定します。測定値は使いやすく読み取りやすいデジタルディスプレイに表示されます。メートル法とインペリアル法両方のモデルがあるため、対象物を簡単かつ正確に測定できます。スプリングキャリパ スプリングキャリパの主な目的は、物体の内径と外径を測定することです。測定端で区別され、ナットに取り付けるスプリングジョイントによりスプリングキャリパという名前が付けられています。測定用先端部のサイズを調整するには、アジャスタを時計回り又は反時計回りに調整します。バーニアという名称の由来は何ですか? 副尺付き(バーニア)キャリパは、フランスの数学者ピエールヴェルニエが考案したものです。キャリブレーションオプションは用意されていますか? 幅広い副尺付き(バーニア)キャリパとデジタルキャリパのキャリブレーションを利用できます。用途情報キャリパは、機械工学、医学、科学から金属加工まで、さまざまな分野で使用されています。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

5 件中 1 - 5 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) キャリパータイプ 容量 インチまたはメートル ディスプレイのタイプ 確度 分解能
RS品番 669-8195
メーカー型番1300EA
メーカーFacom
¥15,984.00
購入単位は1個
デジタル 150mm 両方 デジタル ±0.01 mm 0.01 mm
RS品番 705-1929
メーカー型番DELA.2520.00
メーカーFacom
¥5,152.00
購入単位は1個
バーニア 140mm 両方 アナログ ±0.05 mm -
RS品番 300-6506
メーカー型番DELA.1901.07
メーカーFacom
¥2,770.00
購入単位は1個
スプリング 200mm メートル なし - -
RS品番 300-9959
メーカー型番816
メーカーFacom
¥13,770.00
購入単位は1個
バーニア 150mm メートル アナログ ±0.05 mm -
RS品番 794-7782
メーカー型番805.1
メーカーFacom
¥21,669.00
購入単位は1個
バーニア 150mm 両方 アナログ 0.02 mm 0.02 mm