型番

エンジニアリング計測器

角度測定時、 レベル測定時またはギャップ測定時は、 測定値が正確であることが重要です。 当社の製品ラインアップには、光学式、 レーザー式および手動式の測定装置があり、次の大手サプライヤーから製品を取り揃えています:Bosch、 DeWALT、 Leica、 Laserliner、 Sola、 Stanley、 Starrett および RS Pro。

キャリパ

キャリパは、物体間のギャップを測定する場合や、長さまたは距離を測定する場合に、高い精度を提供するために使用されます。 キャリパが使用されているはのはラボや 作業場およびエンジニアリングでの応用においてです。 キャリパにはさまざまな種類がありますが、すべて同じレベルの測定が可能です。

ワイヤ寸法

このハンドヘルド測定器では、製品の硬度を測定できます。 いくつか例を挙げるとフレキシブルエラストマの測定や、 硬質ゴム、 および頑丈なプラスチックの測定が可能です。

レベルの測定

物のレベル(水平度)の測定を可能にする製品がいくつかあります。

レーザーレベル計 高いレベルの精度を、 長距離にわたって見えるビームを用いて実現します。次の 3 タイプのレベル測定があります:ライン、 ドットおよびロータリー。 どちらを選択するかは、作業によって異なります。 たとえば、 ロータリー式レーザー水準器は、 360 ° のレーザーラインを出力し、住宅の基礎を敷くなど、屋外での使用に効果的で、 表面が確実に平らになることを保証します。

アルコール水準器 低コストで、 従来のレーザー水準器の代替品として使用でき、 しかも高精度レベルを実現します。手動またはデジタルのどちらもあります。 傾斜センサは、傾斜角の測定に使用されるアルコール水準器の一種です。

角度測定

角度を測定する最も簡単な方法は分度器を使用することです。 分度器には主に 2 つのタイプがあります。最大 180 ° 測定できる半円形のものと、 360 ° 測定するベベル(角度定規)です。

その他にも多数の測定装置があり、組み合わせ定規、センターファインダ、エッジファインダなど、精密測定を検討しているエンジニアに特に便利です。

装置のキャリブレーション

角度とレベルの測定装置が常に正確な読み取り値を提供していることが重要です。 そのため、定期的にキャリブレーションを実行する必要があります。 RS では、 専門のキャリブレーションサービスを提供しており、ゲージや、 アルコール水準器およびセットスクエアなどの機器を対象にしています。 さらに、 当社のキャリブレーションラボは UKAS 認定されており、 そのため、測定値を読み取りを信頼できます。