JST 圧着ピンコンタクト ターミナル ラチェット

  • RS品番 605-6346
  • メーカー型番 YHT-2210
  • メーカー/ブランド名 JST
データシート
その他
RoHSステータス: 該当なし
COO(原産国): JP
詳細情報

非絶縁端子用JST YHT-2210手動圧着工具

YHT-2210手動圧着工具は、使いやすいラチェットスタイルの圧着工具です。非絶縁の圧着端子をワイヤに圧着します。YHT-2210手動圧着工具は、ラチェット機構を備えており、圧着工具のハンドルを完全に閉じるまで解放されません。このラチェット機能により完全な圧着サイクルが実現し、部分圧着を防げます。この手動圧着工具は、正確で高品質の圧着を行うため、圧着部が4つの高精度グラウンドダイを備えています。

YHT-2210手動圧着工具は、非絶縁端子及びスプライスの圧着に使用します。対応する公称サイズは1.25 mm、2.0 mm、3.5 mm、5.5 mmです。

特長と利点:
• ラチェット機構により完全な圧着サイクルを実現
• 4つの圧着部を備えた高品質・高精度のグラウンドダイ
• 安全動作

代表的用途:
• メンテナンスと修理
• 電気設備
• ケーブルアセンブリ

よくある質問:
非絶縁圧着工具と絶縁圧着工具にはどのような違いがありますか?
非絶縁圧着工具は、一般的な用途に使用されますが、絶縁圧着工具は最大1000 VまでVDEでテストされ、電流が存在する場所で使用するよう設計されています。

製品はどのように保守しますか?
• アクスルやその他の可動部分は、定期的に注油する必要があります。
• 工具が汚れに曝される場合は、少なくとも10,000サイクルごとに潤滑剤*を供給することをお勧めします。
• 圧着ダイネストの調整も確認する必要があります。工具の予荷重が大幅に減少している場合は、圧力調整軸の再調整が必要です。

高品質な圧着の重要性
端子に圧着工具を使用する場合、2つの圧着が同時に行われます。1つは導体と端子間の電気接続です。もう1つは、振動と張力に対するストレインリリーフを提供する絶縁圧着です。電気接続は、ワイヤストランドと端末の間に空隙がない、気密接続にすることが重要です。空隙があると、腐食が発生して抵抗と加熱が発生し、電気接続に損傷が発生する可能性があります。良質の圧着工具を使用することにより、完全な気密性の圧着を実現でき、電気接続と絶縁の将来の劣化を防止することができます。

JST端子

仕様
特性
圧着コネクタのタイプ ターミナル
圧着工具種類 ラチェット
全長 300mm
20 国内在庫あり - 通常1営業日でお届け
単価: 購入単位は1個
18,870.00
(税抜)
20,379.60
(税込)
単価
1 +
¥18,870.00