RS PRO Pt100 センサ PT100 2mm 10mm クラスA

  • RS品番 362-9799
  • メーカー/ブランド名 RS PRO
データシート
その他
RoHSステータス: 適合
COO(原産国): GB
詳細情報

RS PRO薄膜Pt100 / Pt1000白金測温抵抗体温度センサ

RS PRO製高品質、高信頼性のPt100 PRT/Pt1000 PRT(白金抵抗温度計)又はRTD(測温抵抗体)検出プローブです。この温度センサは、正確で信頼性の高い温度測定用の薄膜構造です。温度変化に高速に反応します。また、振動や衝撃に対する耐性もあります。これらのPRTはフラットな設計で、表面の温度測定に最適です。

Pt100 / Pt1000 RTDとは何ですか?

RTDは、金属と温度の相関関係に基づく温度センサの一種です。金属は温度が上昇するほど、電流への抵抗が大きくなります。この抵抗を測定し、温度の読み取り値に変換することができます。「Pt」は白金(白金線又は白金薄膜)を表し、「100」は温度センサに0 °Cで100 Ω、「1000」は0 °Cで1000 Ωの抵抗があることを意味します。白金は、広い範囲の温度に対して抵抗が直線的に変化するため、最も信頼性の高い金属です。

薄膜RTDとは?

薄膜白金RTDは、セラミック基板に被着した薄膜白金(通常は厚さ1ミクロン)で構成されています。次に、覆われたエポキシ又はガラスの絶縁層により、高電圧に対する保護と高絶縁抵抗を維持します。白金薄層により、センサーは高い抵抗率と温度変化に対する高速応答性を発揮します。薄膜RTD素子は、保護ハウジングや他のアセンブリに組み込まれ、過酷な環境でも使用できます。

特長

• 薄膜構造
• 高い安定性/正確な出力
• 広動作範囲での線形出力
• 0.1 秒の高速な熱応答時間
• 振動や衝撃に対する耐性
• 温度測定範囲: -50 → +500 ° C
• リードワイヤ:10 mm

用途

薄膜PRT温度センサは、保護された表面用途や浸漬用途に適しています。薄型設計なので、測定ノイズを最小限に抑え、平らな面の温度を測定できます。用途:

• 自動車産業
• 化学工業
• マイクロエレクトロニクス
• 空調/冷蔵
• 空気、ガス、液体の温度測定
• 食品加工
• 研究所

よくある質問

PRT温度センサはどのように機能しますか?

PRT温度センサは、センサ素子(又はプロセス端)を装置に取り付けるか、温度測定を必要とするプロセスに組み込むことで動作します。白金抵抗器温度計の温度が上昇するほど、電流への抵抗が大きくなります。温度が1度上昇するたびに、電気抵抗も設定された比率によって変化します。この比率は温度係数と呼ばれます。材質が白金の場合、この比率は0.00385 Ω/Ω/°Cです。すなわち、Pt100(抵抗が100 Ω)の場合、温度1 °Cあたりの抵抗上昇値は0.385 Ωになります。そのため、総抵抗値を測定して温度に変換できます。

抵抗の測定方法

ワイヤに電流を流して生成される電圧により、Pt100又はPt1000 RTDの抵抗値を測定します。この電圧は適切なブリッジ又は電圧計を使用して測定され、オームの法則(R=V/I)により抵抗値が計算されます。抵抗がわかると、校正方程式またはPt100/Pt1000の換算表を使用して温度測定値に変換することができます。温度測定装置または測定器をセンサに接続して、測定された抵抗値を温度測定値に自動的に変換することもできます。

仕様
特性
センサータイプ PT100
プローブの長さ 10mm
プローブ径 2mm
検出温度 Min -50°C
検出温度 Max +500°C
実装タイプ はんだ
プローブ材質 プラチナ
プロセス接続 チップ
配線数 2
許容差 クラスA
応答時間 0.1秒
25 国内在庫あり - 通常1営業日でお届け
2369 海外在庫あり - 通常4営業日でお届け
単価: 購入単位は1個
1,203.00
(税抜)
1,323.30
(税込)
単価
1 - 5
¥1,203.00
6 +
¥1,135.00