ソーラー充電コントローラー Morningstar

  • RS品番 913-2402
  • メーカー型番 TS-45
  • メーカー/ブランド名 Morningstar
データシート
その他
RoHSステータス: 適合
COO(原産国): US
詳細情報

TriStar 3機能コントローラ

Morningstar TriStarコントローラは、信頼性の高い太陽電池充電、負荷制御、転換調整を行う3機能コントローラです。 12-48 Vで定格45 A (RS 913-2402)と60 A (RS 913-2415)のタイプがあり、どちらもオプションのメータ、リモートメータ、及びリモート温度センサを備えています。
TriStarは、先端技術と自動化生産により、素晴らしい新機能を実現しています。 オプションのTriStarメータは、市販されている中で最も高度で有益なコントローラメータです。
このコントローラは、UL認定を取得し、ソーラーホームシステムと業務用途の両方に対応した設計になっています。

最高の信頼性
高出力
通信機能
完全に調整可能
広範囲にわたる電子的保護
プログラマブル照明制御
シンプルなメカニカルインターフェイス
優れたバッテリ充電
詳細
リセットが簡単
低電気通信ノイズ

用途:

水力発電
照明
鉄道信号
住居用
小型風力発電
太陽光発電
セキュリティ及び計装
農村電化及びソーラーホームシステム
運輸交通
通信

ソーラーパネル及び充電器

太陽光発電ソーラーパネルは、太陽のエネルギーを利用して発電し、電卓から住居まで、さまざまな用途に使用できます。12 / 24 V電池の充電に最も効果的で汎用性が高く、コストのかからない手段として、多くのビジネス用途やレジャー用途で使用されています。
ソーラーパネルは、オフグリッドや孤立した場所で、電池を使用して電力を供給できるため、重要な通信用途や遠隔計測用途に幅広く使用されています。ソーラーパネルがあれば、遠隔地に一時的又は永久的にすばやく機器を設置することができ、送電線に接続するコストや煩わしさを回避できます。保守の手間もほとんどかからず、長寿命の設計です。

発電力

太陽電池による毎日の発電量を計算するには、太陽電池のピーク定格出力に季節、角度、場所に応じて0.5~6の間の値を掛けます。たとえば、80 Wの太陽電池のピーク電流は4.55 Aです。

太陽電池の導入

ソーラーパネルは通常、冬期の性能を最適化するため、55~65 °の角度で設置されます。年間を通して電力を確保するため、ソーラーパネルと風力発電を組み合わせることもできます。
ソーラーパネルを並列接続すると電力が増え、直列接続すると電圧が上がります。
完全なシステムディープサイクルバッテリーを立ち上げ稼働させるには、電圧レギュレータと電気ケーブルが必要です。ポールや壁面に取り付けるための便利な取り付けキットを各種取り揃えています。

仕様
特性
ソーラーパネル電圧 125V
最大定格電力(12Vパネル用) 31W
最大定格電流(12 Vパネル用) 2.1A
最大定格電力(24 Vパネル用) 125W
最大定格電流(24 Vパネル用) 4.2A
寸法 260.4 x 127 x 71mm
奥行き 71mm
長さ 260.4mm
127mm
4 海外在庫あり - 通常4営業日でお届け
単価: 購入単位は1個
通常価格 ¥36,963.00
35,596.00
(税抜)
39,155.60
(税込)
単価
1 +
¥35,596.00