型番

マスキングテープ

マスキングテープは、各種の下準備又は仕上げ処理で保護したい部分を一時的に養生するために使用します。マスキングテープは、テープ面に接着力の弱い接着剤を使用し、使用後に表面に残留物を残さず簡単に剥がせるようになっています。

どのようなマスキングテープが必要ですか?
各種の材質のテープがあります。最も一般的に使用されるのは、紙、ポリエステル、PVC、アルミ泊などの基材を使用したものです。各種のマスキング材は、実行する作業や処理に応じて、さまざまな保護機能を発揮します。テープの基材の選択に加えて、各マスキング用途に合わせ、アクリル、ゴム、シリコンなど各種の接着剤の製品が用意されています。

各種の色、幅、長さの製品があります。マスキングテープは、刷毛やローラーで塗装するときだけでなく、スプレー塗装にも使用できます。マスキングテープは、塗装やコーティングの下準備に使用することもできます。裂くのも、貼るのも、剥がすのも簡単です。

テープを使うべき最適な場所は、マスキングテープの接着剤によって決まります。
• ゴム系接着剤は、一般的に最も強い接着力を発揮しますが、温度に対する耐性は最も低くなります。
• アクリル系接着剤は、幅広い範囲で温度に適応できます。
• シリコン系接着剤は、最も高い温度範囲に適応できます。

専用テープ
特定の用途に適した専用マスキングテープが用意されています。これらのテープは通常、特定の品質に優れ、過酷な環境での作業に使用できます。耐熱ホイルマスキングテープは、熱の発生する場所での使用や炎と連携した使用に適しています。

他の高強度テープは、基材の強度が高く厚みがあり、サンドブラストのような研磨剤を使用することができます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数