テープ

テープは日常生活で非常によく使用される道具です。パッケージを梱包する必要がある場合でも、DIYプロジェクトを完成させる場合でも、少なくとも1種類のテープがご自宅にあるはずです。その機能、用途、素材に応じて、テープはさまざまな種類に区別できます。

当社では、仮留め用のフックアンドループから電気絶縁テープまで、ガッファテープからフラッシュテープまで、プラスチックテープから紙テープまで、その他にもあらゆる用途に対応するテープをご用意しています。当社の供給元は、3M、Advance Tapes、Tesa、RS Proなど、世界のトップブランドの中から選ばれています。

どのような種類のテープがありますか?

市販製品のさまざまな特性により、以下のような各種カテゴリにテープを分類できます。
  • 片面 / 両面: 接着面がそれぞれ1面又は2面です。あらゆる環境に合わせて異なる素材を使用しています。
  • ガッファ(Gaffa): ガッファー(Gaffer)テープとも呼ばれる、ダクトテープの一種です。ダクトテープとの違いは、反射性がなく簡単に剥がせることです。劇場で舞台の位置や装置をマークするために使用されます。
  • ダクト: ダックテープとも呼ばれ、通常はポリフェニレンでコーティングされています。複数の物体を確実に固定するために使用しますが、名前の印象とは異なり、ダクト(配管)に最適とは言えません。完全な防水ではないためです。
  • フックアンドループ: 2種類のテープを押し付け合うだけで、しっかりと固定できます。留め具(ファスナーやボタンなど)の代わりとして、衣類や家具での使用に最適です。
  • 反射: 光が少ない条件でも目視できるため、道路での安全性のために使用されます。また、反射テープの最も重要な特徴の1つに耐火耐熱性があるため、消防服などの耐火性衣服に取り付ける用途に適しています。
  • セルフ融合テープ: 接着剤は塗布されていませんが、引っ張りながら使用するとテープ同士が接着又は融合するため、電気絶縁に最適です。

テープの材質

テープにはさまざまな素材が使用されており、以下のように用途に応じて最適なものを選択できます。
  • アルミ又はホイル: この強力な接着力と金属の独特な性質により、アルミテープは、より高い導電性と抵抗が要求される、電気、建設、HVACの業界で使用されています。
  • 布: 裏面が布で、ゴム接着剤でコーティングされています。さまざまな色があるので、汎用マーカーとしての使用に最適です。
  • 銅: 柔軟性を備え、導電性と非導電性の両方のタイプがあり、主に電子機器の分野で使用されています。
上記に加えて、プラスチック、PTFE、フォーム、紙製のテープもあります。

テープの用途

テープの一般的な使用例:
  • 電気絶縁
  • 危険通知
  • レーンマーキング
  • マスキング
  • パッキング