検索キーワード履歴

    モータ始動器

    モータ始動器は、電磁開閉器の一種で、モーターの停止状態から定常運転まで速度を上昇させる過程に用いる付属装置です。「電動機始動装置」とも呼ばれています。


    モータ始動器の必要性


    モーターを始動させる場合、小型モータ-であれば定格電圧を直接印加することにより始動できます。この時、定格速度まで上昇している間は加速のためのエネルギーが必要であり、電流値が定格電流よりも大きくなります。この電流を「始動電流」と呼びます。中・大型モーターの場合、始動電流が大きすぎるので始動器により電流を抑制します。


    モータ始動器の種類


    モータ始動器は始動方式によって、さまざまな種類があります。


    • スターデルタ始動 - 巻線を切り替え、負荷を軽減する始動器。安価で簡単だが、切り替え時のサージに注意が必要;

    • リアクトル始動 - 直列にリアクトルを接続し、起動時の機械への衝撃を防止する。広範囲の負荷に対応できる;

    • コンドルファ始動 - 単巻変圧器が用いられており、電源に対する影響の抑制が可能。フリッカ対策に最適;

    • ソフトスタータ - ショックれすな始動を実現可能。多頻度始動に最適。

    始動方式による種類のほか、コイルの定格電圧やモーターの容量、長さや幅などの寸法が物によって異なるため、使用対象に合わせて選択する必要があります。<

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数