アナログパワーメータ

アナログパワーメータは、有効電力又は無効電力の測定に使われます。平衡又は不平衡接続の、そして単相又は三相配電システムの力率を測定します。測定値は、曲線目盛り上のポインタで示されます。


アナログパワーメータの仕組み


アナログパワーメータには、電圧と電流の測定信号から電力を計算する内蔵マイクロプロセッサが搭載されています。力率計はラインで使用されている負荷のタイプを決定し、損失を計算します。アナログパワーメータには、電流力計(単相又は三相接続で使用可能)と可動鉄片型電力計の 2 種類があります。可動鉄片型では、電流力計よりも大きな作用力が必要です。


アナログパワーメータの用途


アナログパワーメータは、

AC スイッチギア、パネル、配電盤、発電機などに用いられています。他にもスルーホール接続、電圧ディバイダ、内部のマイクロプロセッサ、電源ユニットなどのメータがあります。精度を最大限に高めるため、不要な周波数範囲を抑制して必須測定範囲を取得しています。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

3 件中 1 - 3 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) カットアウト高さ カットアウト幅 最大温度 シリーズ 最小温度 深さ
RS品番 886-2064
メーカー型番ZQ94-46243N1CAW0ST
メーカーSifam Tinsley
¥3,622.00
購入単位は1個
92mm 92mm +55°C Sigma -10°C 54mm
RS品番 886-2051
メーカー型番ZQ44-46243N1CAW0ST
メーカーSifam Tinsley
¥3,622.00
購入単位は1個
45mm 45mm +55°C Sigma -10°C 54mm
RS品番 886-2055
メーカー型番ZQ74-46243N1CAW0ST
メーカーSifam Tinsley
¥3,622.00
購入単位は1個
68mm 68mm 55°C Sigma -10°C 54mm