検索キーワード履歴

    オムロン シーケンサ / PLC

    PLC(プログラマブルロジックコントローラ)は、機器や設備などの制御に使用される制御装置です。マイクロプロセッサを内蔵し、コンピュータ制御技術を応用したプログラムでシーケンス制御を行います。これは、製造・加工ライン、工作機械、産業用ロボットなどのファクトリーオートメーションで広く利用されています。

    PLCの仕組み

    PLCの基本構造はコンピュータとほぼ同じですが、機能的によりシンプルになっており、入力装置から外部信号を受け取り、CPUなどの演算装置でシーケンス制御を行うものです。主に入力装置、出力装置、演算装置、記憶装置、電源装置などで構成されています。

    PLCの特徴

    PLCは通常、入力機器からの信号を取り込み、プログラムで定められた順序や条件などに従って、機器や設備の動作を順番に記憶し、出力機器の稼働を制御します。このように、順序に従いある動作を何回も正しく動作させることができます。機器や設備の制御が容易となり、より複雑な制御も可能となりました。

    PLCの用途

    • 工業用、産業用機械
    • エレベーター
    • 自動車
    • 冷蔵庫、エアコン、電子レンジなどの家電
    絞り込み
    並び替え
    1 1
    ページあたりの結果数