型番

近接センサ

近接センサは、物理的な接触なしに、範囲内の物体の有無と近接を検出するように設計されており、 音、 光、 赤外線又は電磁場を代用します。

近接センサの種類

  • 誘導型 - 誘導型センサは、金属製の物体を非接触で検出します。一部のセンサは、鉄金属と非鉄金属の両方を対象にできますが、 1種類しか検出できないセンサもあります。
  • 超音波 - 超音波センサは、対象物に向けて特定の周波数の超音波音を短いバーストで照射することで機能します。対象物から音が反射してセンサに戻るときに、 エコーが戻るまでにかかる時間を測定します。センサは、音波が戻るまでの時間を使用してセンサと物体の間の距離を計算します。
  • 静電容量型 - 静電容量型センサは、金属素材及び非金属素材を検出できます。導電性のある素材や、電界を利用して空気よりも誘電率が高い素材を検出して測定できます。
  • 赤外線 - 赤外線センサは、赤外線スペクトルの波長(>700 nm)を測定します。可視光を検出するのには適していません。赤外線センサは、外部又は内蔵の光源からの光を認識できます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数
人気検索キーワード