乾電池

当社の乾電池は、一次電池とも呼ばれ、日常的に必要な作業をサポートします。このセクションには、当社独自のRS Proシリーズがサポートしている、Duracell、Energizer、パナソニックなど市場をリードするブランドがあります。

乾電池の仕組み

最も基本的な形態では、電池は、負極と正極を使用して化学エネルギーを電気エネルギーに変換する電気化学セルです。電解液(本質的に電気を伝える液体)は、電極間のイオン移動を促し、電池の端子から電流を発生させます。

乾電池は使い捨てで、一度だけ使用するように設計されています(一次電池)。化学反応で内部の反応物質が消費されると、出力が徐々に低下します。すべての反応物質が消費されたら、この電池は電気エネルギーを供給できなくなります。

乾電池のタイプ

産業、商業、家庭環境にわたってさまざまな用途で使用されている電池は、パーソナルコンピュータ、自動車、ハンドヘルド機器、白物家電など、多くの場所に電源を供給するために使用されます。電池は、数字表示、電圧、及び化学物質によって分類できます。

一般的なタイプの一次電池には、次のようなものがあります。

  • 単3形乾電池 - 現在市販されている標準的なサイズの電池のうち、最も一般的なものの1つです。円筒形で、容易に入手できます。
  • 単4形乾電池 - これも円筒形ですが、単3形乾電池よりもサイズが小さくなっています。
  • コイン/ボタン形乾電池 - 小型のポータブル電子機器や腕時計に電源を供給するために通常使用される小型の丸形電池。
  • 9 V形乾電池 - 形状は四角形であり、煙感知器で使用されることで知られます。

一般的な乾電池の電池タイプは、次のとおりです。

  • アルカリ - 信頼性が非常に高く、かなり長持ちする保管寿命である安価な電池タイプ。このタイプは、高い電流出力を供給し、良好な高温及び低温性能を発揮できます。
  • リチウム - この電池は、アルカリよりも高価な場合がありますが、エネルギー貯蔵密度が高くなっています。この電池は、高電流を要する用途に適しており、放電中は出力電圧が一定です。リチウムは保管寿命が非常に長く、1年あたり約0.5 %の容量損失があります。

電池のメンテナンス方法

電池の寿命を確保するには、電池のメンテナンスが重要です。電池は、乾燥した涼しい場所(必ずしも冷蔵庫内というわけではありません)に適切に保管しておくことをお勧めします。また、デバイス内に装着している電池は、腐食する可能性があるため、定期的に確認することも重要です。電池は、完全に消耗していなくても定期的に交換してください。そうすれば、心配する必要がなくなります。