検索キーワード履歴

    リニアベアリング

    リニアボールベアリングは、一方向に自由に動くように設計されています。最も一般的なタイプのリニアスライドで、 1軸リニア設計に従って滑らかで精密な動作が可能です。ボールベアリング引き出しスライドとして、家具業界で最もよく使用されています。

    リニアプレーンベアリングは、並進動作(経路に沿った動作)用のベアリングエレメントです。ローラーベアリングとは異なり、 リニアプレーンベアリングは、シャフト上又は固定されたガイドウェイ上を移動し、 可動式コンポーネントスライドとは対照的です。ガイドシステムのタイプに応じて、 スライド層は、剛性部品又は可動部品に取り付けられます。

    動作の仕組み

    リニアボールベアリングはリニアベースに収容され、 信頼性を高める自己潤滑特性を備えています。最も一般的な材質はアルミ、 スチールで、ボールベアリングスライドは、4本のロッドに内蔵された、ベースの異なる面にある、直線状の2列のボールベアリングで構成されています。この低摩擦の直線動作は、ドライブ機構又は手動で駆動されます。

    リニアプレーンベアリングには、さまざまなサイズと材質タイプがあり、 さまざまな用途に適しています。主に、閉、 開、分割の3つの構成があります。

    用途

    ボールベアリングスライドの用途には、繊細な計測機器、 ロボットアセンブリ、 キャビネット、 電気製品、クリーンルーム環境などがあり、 主に製造業に役立っていますが、家具、 電子機器、建設の業界でも利用されています。

    リニアプレーンベアリングは、衝撃及び汚染に対する耐性があります。静止耐荷重に優れ、摩耗が少なく、ほとんど騒音が発生しません。このような特性から、ベアリングを低メンテナンスかメンテナンスフリーにする必要がある用途、 又は潤滑剤が許容されないか望ましくない用途に適しています。以下のような日常的な用途で使用されています。

    • プリンタ、ラボ用機器
    • 熱性能
    • 付加製造
    • 溶接機
    • 石切のこぎり及びヘビーデューティカッター
    • 組み立て及び検査ステーション
    • シート調整及び衝撃吸収
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数