検索キーワード履歴

    ケーブルカバー

    ケーブルカバーは、ケーブルやワイヤを保護し、 隠し、整理するために使用されます。ケーブル、 特に床の上にあるものを覆うことは、 安全上の理由から、非常に重要です。ほとんどの安全衛生規制を順守するには、 ケーブル保護は優先事項です。高品質のケーブルカバーはケーブルの損傷を防ぐだけでなく、 人員が誤ってつまずかないように保護します。

    ケーブルカバーは主にプラスチック製又はゴム製で、さまざまな色 (黒又はグレーなど)が利用できます。また、 黄色などのカラーストリップもあり、 ケーブルを識別したり危険性を明確に示したりするのに役立ちます。標準カバーには、必要な長さにカットできるストリップが付属しています。歩行者用ケーブルカバーも、歩行者通行量の多い場所で使用するための滑り止め機能が利用できます。

    ケーブルカバーの種類

    あらゆるニーズに適合する種類のケーブルプロテクタはありません。たとえば、 ヘビーデューティバージョンのケーブルプロテクタは、オフィス環境では効率的ではありません。その逆も同様であり、 小さなケーブルカバーは、屋外では性能を発揮できません。ここでは、この特定の2つの種類の違いについて説明します。

    • ヘビーデューティケーブル保護: ケーブル用のランプとも呼ばれ、 このタイプのケーブルプロテクタでは、自動車やその他のヘビーデューティ車両が、ケーブルを損傷することなくケーブルランプの上を走行できます。
    • 標準的なケーブルカバー: 通常のゴム製の床ケーブルタイディは、オフィスやその他の屋内の場所でよく見られます。通常、ネットワークルームや大量のコンピュータが設置されているエリアでは、 床の上のいたるところにケーブルがあります。オフィスの設計に床板の下にケーブルを配線する手段がない場合は、 ケーブルタイディが最適なソリューションです。

    ケーブルカバーはどこで使用されますか?

    • オフィス
    • 倉庫
    • 展示場
    • 店舗
    • 家庭
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数