フックアップワイヤ & 網組み銅線

当社は、スイッチギヤ / 3規格適合ケーブル、フックアップ / 装置用ワイヤ、熱電対、耐熱ワイヤなど、ワイヤと単芯ケーブルの総合的なコレクションをご提供しています。

ワイヤとは

ワイヤとは、1本の線状にした金属、又は1本の絶縁スリーブ内でより合わせた複数の線です。電気通信信号を送受信し、機械的負荷に耐え、電気を伝達できます。ワイヤには、ソリッド、単芯、より線、編組線など、さまざまなサイズとタイプがあります。

単芯とは

単芯とは、金属製のワイヤが1本ある状態のものです。通常は銅製又はアルミ製で、周囲に絶縁が施されています。ワイヤにはさまざまなゲージがあり、一般にはワイヤのサイズが大きくなると柔軟性が低下します。

ワイヤと単芯の違い

「ワイヤ」という言葉の使い方によっては、ワイヤと単芯が同じものを指すことがあります。線が1本だけであれば、ワイヤは単芯です。

どのような種類のワイヤがありますか?

市販されている最も一般的なタイプのワイヤを以下に示します。ワイヤはそれぞれ、商業、工業、さらには個人用まで、さまざまなタイプのプロジェクトに使用できます。

  • 編組ワイヤ - 少量のワイヤ編組を絶縁スリーブに封入したもの。導電性に優れ耐久性があり、ノイズの低減やEMI遮蔽に使用されます。
  • 耐環境性ワイヤ - 高温環境や、油、紫外線、一部の酸やアルカリなどの物質が存在する、ワイヤを損傷するおそれのある環境で使用されます。
  • 耐熱ワイヤ - 導体は通常、ニッケルコーティングされた銅です。絶縁材は高温に耐えることができなければなりません。
  • フックアップ / 装置用ワイヤ - 通常は、低電圧及び低電流の用途に役立つ単一の絶縁導体ワイヤです。コンピュータの内部配線、消費者用電子機器、家電、制御盤、車両の一部に使用されます。
  • 熱電対ワイヤ - 信号を測定する熱電対内のセンサポイントからCJCエンドポイントまでに使用されます。

単芯ケーブルにはどのようなタイプがありますか?

単芯の配線ケーブルは、固定設備や特定のタイプの機器の内部配線に最適です。銅のサイズに応じて、動作可能な電圧と温度の範囲が異なります。

スイッチギヤとは

スイッチギヤケーブルは、電気機器を絶縁するスイッチギヤシステムで使用される電気ケーブルです。これは一般的な用語で、3規格適合ケーブルなど、作業を行うためのさまざまなタイプのケーブルを指すことがあります。スイッチギヤシステムは、負荷が高すぎる環境や故障から電源システムを保護するために役立ちます。

3規格適合ケーブルとは

3規格適合ケーブルはパネルケーブルとも呼ばれる単芯ケーブルの一種で、難燃性を備え、高品質の絶縁を特長としています。高温環境でも継続的に動作する耐熱ケーブルです。