スペーサ

スペーサやスタンドオフは、特定の設置や用途で使用する場合に、ねじ、留め具、その他の部品のより正確な位置決めを可能にする、小さくても重要なコンポーネントです。

スペーサやスタンドオフは、電源部品(コンピュータのマザーボードなど)と取り付けられている金属製筐体の間に小さなエアギャップを作ることによって、電源部品の短絡を回避するなど、特定のデバイス及び製品の美観の向上と適切な機能の両方で重要です。

スペーサとスタンドオフの違いは何ですか?

スペーサは、通常、金属又はプラスチック製の小さな材料で、スクリュ又はボルトのヘッドの下で、ねじをねじ込む面の上に入れる、標準ワッシャを長くしたような部品です。

  • スペーサの重要な役割は、あるコンポーネントを別のコンポーネントから持ち上げる、又は分離することです。
  • スペーサは通常、ねじのシャフト、ボルト、又はケーブルが通過できる短い管を形成し、標準的なねじと互換性がある各種サイズが利用可能です。
  • スペーサは一般的にねじ山が切られていないため、締め付けることはできません(ねじのサポート / ガイド用の単なる管です)。
  • ナイロン、ステンレススチール、アルミニウムなど、特定の用途に合わせて、さまざまな素材で購入できます。
  • スペーサは、テレビやコンピュータの取り付けなど、非常に幅広いDIYや電気設備作業に適しています。
  • スタンドオフは、スペーサと多くの点で似ていますが、主な違いは、スタンドオフがねじや取り付ける表面にねじ込まれることです。

  • スタンドオフのねじは、固定と持ち上げ / 分離の役目を果たし、通常はオス-メス、メス-メス、オス-オスなどさまざまな構成で使用できます。
  • スペーサはほぼ常に円形 / 円筒形ですが、スタンドオフはレンチなどの締め付け工具で掴みやすいように、一般的に六角形になっています。
  • スタンドオフは、電子機器用途では通常のスペーサよりも一般的に使用されることが多く、主な役割は、電力が供給されているコンポーネント間の接触短絡を防ぐことで、典型的な例としては、プリント基板(PCB)をエアギャップができるように周囲の面から持ち上げ、ケースやハウジングへの電気的短絡を回避することが挙げられます。
  • 「スエージ」スタンドオフの用途は何ですか?

    スエージ加工されたスタンドオフは、スエージ工具により内部と外部の両方にねじ山が切られており、オスの外観に似た終端になりますが、内部(メス)スレッドを保持しているため、オスとメス両方の留め具やアンカーポイントをしっかりとグリップできます。