熱電対用延長ケーブル

熱電対用延長ケーブルとは、名前のとおり、熱電対プローブと信号を読み取る測定器との距離を延長する場合に使用される専用ケーブル(補償導線)です。耐摩耗性であり、ほとんどの工業環境で使われています。通常、正極・負極それぞれ色別された絶縁体が使用されており、さらに、耐久性と柔軟性を高めるための金属製のオーバーブレードが絶縁ワイヤに使用されています。

一例として、シリコン電線がありますが、このタイプのケーブルはスズメッキ軟銅線などの導体にシリコンゴムを絶縁体として押し出し被覆したもので、柔軟性、屈曲性、耐熱性、耐寒性に優れております。

RSコンポーネンツでは、構成材料や測定範囲によりそれぞれ異なるタイプの熱電対に合った延長ケーブルを数多く取り揃えております。



熱電対用延長ケーブルのカテゴリを見ている人は以下のキーワードでも検索しています。




...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

選択した条件に当てはまる商品がありません。条件を変更してください。