型番

温度センサ・熱電対

温度センサには様々な種類があり、非接触型と接触型に大きく分けられます。非接触型は、赤外線、色、輝度などで温度を測定、接触型は測定対象に直接接触し熱平衡に達した時の温度を熱起電力や電気抵抗・磁気の変化等を利用して測定します。電子回路でよく利用されるのは電気信号に変換できる電気式の抵抗温度センサです。


抵抗温度センサには様々な種類がありますが、最近では精度や安定性からリニア抵抗器や白金測温抵抗体を使った製品が多く用いられています。


これらの温度センサは抵抗値が温度に対して変化します。抵抗体の種類は大きく分けると、白金測温抵抗体、サーミスタ、リニア抵抗器があります。各温度センサの温度特性はそれぞれ異なっており、用途に応じて適切な温度センサを選択する必要があります。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数
人気検索キーワード