型番

バックプレーンコネクタコンタクト

バックプレーンコネクタコンタクトは、バックプレーンコネクタと併用するように設計された小型の圧着端子です。 ケーブル又はハウジング内に簡単に取り付けられ、電流や信号を伝送するためにバックプレーンコネクタで使用されます。 バックプレーンコネクタコンタクトは、ピンと呼ばれることもあり、 通常は並列に接続されます。 こうしたコネクタは、DIN41612機器で使用できます。


バックプレーンコネクタの種類


バックプレーンコネクタは、さまざまな金属(銅、 真鍮など)でできており、用途に応じて、さまざまなめっき(金、 ニッケル、 パラジウム、 銀など)が施されています。一部のコンタクトは終端処理方法も異なり、 圧着式、 はんだ付け、又はねじ止めのものがあります。


DINコネクタコンタクトは、広く普及しており、基板同士を接続するハウジングに収まります。

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0