検索キーワード履歴

    5566

    Molex 5566シリーズの基板接続用ヘッダは電気コネクタの一種です。通常、 ヘッダの片側は一連のピンで構成されており、それが基板(PCB)の表面にはんだ付けされます。

    基板接続用ヘッダの種類

    基板接続用ヘッダは、両ソケット式(接続部をプラスチックケースに収納)と非ソケット式ピンヘッダタイプがあります。ソケット式コネクタの方が堅牢で、短絡が発生しにくくなりますが、 基板上のスペースはさらに大きくなります。 ピンヘッダは 対照的に、 幅広い用途に簡単に適合します。

    1列又は2列ピンヘッダ: 最も一般的に使用されるタイプの基板接続用ヘッダは、1列又は2列ピンヘッダです。対応するオス版とメス版が製造され、断面が正方形で、曲げ加工の板金で作られています。

    機械ピンヘッダ: 機械ピンヘッダの断面は円形で、基板の丸穴にぴったりはまり、 優れた電気接続、 高い耐久性、長寿命を実現します。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    人気検索キーワード