型番

ポッティングボックス

ポッティングボックスは、電子アセンブリを絶縁素材と一緒に収納するために使用される型です。これにより、衝撃や振動からアセンブリが保護されます。このような方法で保護されるコンポーネントの例として、センサ、LEDライト、及びコンデンサがあります。ポッティングとは、電子アセンブリをゲル状の物質で封入する工程で、この物質は注入された型に合わせて硬化します。


ポッティングボックスはどのように機能するのですか?


電子アセンブリをポッティングボックス、つまり型に入れて、任意のゲル状の物質で封入します。このゲル状の物質が硬化し、電子アセンブリの周囲に固定されます。これにより、振動や衝撃から保護するのみでなく、湿気や他の腐食剤によって電子アセンブリが損傷を受けないようにします。


ポッティングボックスのタイプ


一般に、ポッティングボックスのサイズ及び形状は、収納する電気アセンブリの寸法に応じて異なります。また、ポッティングボックスの充填に使用される素材も異なります。通常はシリコンラバーのゲルが使用されますが、熱硬化性プラスチックも選択できます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数