型番

電子部品測定器

電子部品テストは、回路設計とメンテナンスの重要な部分です。 特に、基板(プリント回路基板)やプロトタイピングアプリケーションのトラブルシューティングや検証に役立ちます。 電子部品テスターやアクセサリの大手ブランドには Time Electronic、 Ohmite、 Cropico、 RS Pro、 BK Precision、 Chauvin Arnoux、 Megger などがあります。

電子コンポーネントテストデバイスは、どのようなチェックを行いますか?

コンポーネントおよび IC テスターです 集積回路又は IC のさまざまなテストおよび検証の役割に対応します。

  • IC テスターは、多くの場合、コスト効果が高く、 バッテリ駆動の携帯機器 フィールドサービスや生産環境に最適です。
  • 主な機能には、抵抗を測定するためのデジタル LCD ディスプレイアウト、 静電容量、 その他各種機能があります(モデルにより異なる)。
  • 次の部品のテストに使用されます:バッテリ LED、 ダイオード、 トランジスタおよび SCR 。

ディケードボックス は一連の抵抗器
、 コンデンサまたはインダクタを使用してに異なる電気的な値を再現し、 値は「ディケード」ステップで調整可能です( 1 桁、 2 桁、 および 3 桁)。

  • この設計により、 001 〜 999 Ω の任意の値をテストすることができますが、 十分なディケードステップをデバイスが提供していることが条件になります。
  • テストおよび検証時に、ディケードボックスは回路上の他のコンポーネントに置き換えられます。ボックスは目的の値に設定され、 それから入力装置(例:トランスミッタ、 コントローラまたはマルチメータ)に接続して、入力装置の表示値をディケードボックスの設定値と比較します。

LCR メータは次を測定してテストします:電子部品のインダクタンス( L )、 静電容量( C )および抵抗( R )。

  • LCR メータはアナログモデルとデジタルモデルの両方で販売されていて、 必要な精度に応じて異なります。
  • ほとんどは DUT (テスト対象デバイス)のインピーダンスの測定に使用され、 多くの製品が電流 / 電圧の位相角、 導電率及び電気感受率などのパラメータについて報告を返します。

    抵抗計 はコンポーネント間の電気抵抗を測定します。

    • アドバンスモデルでは、幅広い用途や回路で非常に低いインピーダンス測定を処理可能で、 モータコイル、 基板、 トランス、 導体及び溶接点のテストなどを含みます。

    当社の電子部品テストデバイスとキットの多くは、対応するアクセサリで拡張できます。たとえば、アダプタや、 スマートピンセット、 LED テスター、 ブランクモジュール、 プローブパック、 わに口クリップとテストリードセットなどです。