脚立

最も一般的なはしごは、脚立です。職工又はDIYを楽しむ人が、ロフトなど手の届きにくい場所で作業するときに使います。はしごにとって安全性は非常に重要なので、昇りやすいように滑り止め付き踏み板や手すりが付いています。脚立やA型折り畳み式はしごは、安定性が得られるように広い踏み板(ステップ)を使用し、軽量フレームの自立構造です。脚立には、次の2つのタイプがあります。足場付き脚立この脚立には、安定した作業場所としての足場、又は高い場所で使用する工具や材料を置く台として使用できる天板があります。このタイプの脚立は、はさみのように開いて自立し、一番上に小さい台があります。両手が空くので安全になり、足場の上の手すりでさらに安定性が得られます。スイングバック脚立このタイプの脚立は通常、安全な足場が得られるように、深い鋸歯状の滑り止めステップを備えています。踏み板が片面のみにあるこの脚立は、箱形断面の後脚があり、強度と安全性を強化するためにヘビーデューティブレーシングを備えています。このタイプの脚立の踏み板の数には、一番上の踏み板も含めるため、6段の脚立の場合、5段の踏み板と最上段の部分になります。HSEは安全上の理由から、上から3段までの踏み板には立たないことを推奨しています。一方、BS EN131規格では、上から2段までの踏み板を使用しないように規定しています。適切なはしごの選択はしごの選択には、安全性や耐久性だけでなく、材質も重要です。一般的に、ガラス繊維製のはしごは、金属製の同等品よりかなり高価ですが、アルミニウムより軽量で耐久性にも優れ、最高の価値が得られます。各材質について以下で説明します。アルミアルミ製脚立は、手頃な価格と軽量なことで、家庭用に好まれています。この脚立は耐久性に優れていますが、脚が曲がって踏み板や段がたわむことがあります。専門家は通常、通電の可能性があり、危険であるため、アルミニウムを使用しません。安価で軽量ではあるものの、専門家にとって第一の選択肢ではありません。 ガラス繊維ガラス繊維製の脚立は最も普及していて、アルミニウムと同じように軽量ですが、強度ははるかに高く、毎日の使用での耐久性があります。金属製の同等品より高価ですが、驚くほど長寿命です。電気製品の周囲やぬれた滑りやすい条件でも安全で、そのような作業場に最適です。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

5 件中 1 - 5 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) トレッドの数 スタイルズ材質 踏み板材 プラットフォーム高さ オープン長さ 重量
RS品番 172-1310
メーカー型番41553
メーカーZarges
¥49,970.00
購入単位は1個
2 x 5 アルミニウム アルミニウム - 1.32m 8.4kg
RS品番 172-1311
メーカー型番41636
メーカーZarges
¥43,510.00
購入単位は1個
3 アルミニウム アルミニウム 0.8m 1.59m 8.3kg
RS品番 799-0638
メーカーRS PRO
¥18,653.00
購入単位は1個
1 ガラス繊維強化プラスチック - 265mm 265mm -
RS品番 172-1309
メーカー型番41549
メーカーZarges
¥37,810.00
購入単位は1個
2 x 3 アルミニウム アルミニウム - 0.88m 5.8kg
RS品番 172-1312
メーカー型番41638
メーカーZarges
¥54,910.00
購入単位は1個
5 アルミニウム アルミニウム 1.33m 2.15m 10.5kg