型番

マイクロメータ

マイクロメーターとは何ですか。
マイクロメーター(マイクロメータースクリューゲージとも呼ばれる)は高精度の測定装置で、メートル法とインペリアル法で非常に精密な測定値を取得するために使用します。較正されたねじ又はねじ山(スピンドルの内部にある)を使用して、機械工学や機械加工におけるコンポーネントの正確な測定だけでなく、ほとんどの機械産業に使用します。通常は、キャリパの形状(反対側の端がフレームに接合)で提供されます。
マイクロメーターの内容:
• フレーム - アンビルとバレルを一定の関係で固定するC型のボディ
• アンビル - スピンドルが接近し、サンプルを支持する光沢のある部品
• スリーブ / バレル / ストック - 固定された円形のコンポーネントでリニアスケールが付いている、副尺マークが付いている場合もある。
• ロックナット / ロックリング / シンブルロック - スピンドルを締め付けて固定する、ローレット加工されたコンポーネント(又はレバー)。
• スピンドル - 光沢のある円筒形のコンポーネントで、シンブルを使用してアンビルに向けて移動する。
• シンブル - 親指を使用して回転するコンポーネント。目盛り付きのマーク。
• ラチェットストップ - キャリブレーションされたトルクで滑らすことで、加えられた圧力を制限するハンドル端にあるデバイス。
• ねじ

どのように機能するのですか?
精度はスピンドルのねじ山ピッチによって決定されます。スピンドルは非常に正確に機械加工されたねじで、測定対象の物体はスピンドルとアンビルの間に配置します。スピンドルは、測定対象の物体がスピンドルとアンビルの両方に軽く触れるまで、ラチェットノブ又はシンブルを回転して移動させます。

マイクロメーターの種類
外側マイクロメーター: 物体の外径などの外形寸法を測定するために使用される最も一般的なタイプ。
内側マイクロメータ: 穴又はチューブの内側の直径のように、内側の寸法を測定するために使用する。キャリパータイプでチューブとロッドの2種類があります。
• 深度マイクロメーター: 穴、スロット、ステップの深さを測定するために使用する。さまざまな長さの交換可能な付属ロッドを使用して、さまざまな深さの範囲を測定できます。
利点
• 非常に正確な測定値を提供し、最も正確な測定装置の1つとみなされます。
• ラチェットスピーダーは、信頼性の高い測定値を提供するのに役立ちます。
• 統合されたスケール、スリーブのスケール、及び伸縮性のあるスケールがツールに組み込まれています。また、定規や巻尺などの測定装置を使用する必要はありません。
• 耐久性が高く、長持ちするので、交換又は修理する必要はほとんどありません。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数