検索キーワード履歴

    クランプノブ

    クランプノブは、固定、 調整、 回転、締め付けに使用されるコンポーネントです。クランプノブ(別名ハンドノブ)は、優れたグリップ性と操作性が得られるように設計されており、産業環境や産業用途で幅広く使用されています。

    どのような種類のスタイルがありますか?

    クランプノブには、機械設備やアセンブリ向けのさまざまな形状とスタイルのものがあります。最も一般的なものは、次のとおりです。

    • ボール

    丸型で、上下左右方向に動かす用途に使用されます。牽引や締め付けにも使用されます。 ボールノブは、操作レバーやハンドルに最適です。ボールノブには、ねじ込み式のスタッドやシャフトに取り付けるための各種サイズの雌ねじが形成されています。

    • ウィング

    ウィングノブは、ヘッドが翼の形をしている、シンプルなスタイルのノブです。人間工学に基づく設計になっており、高トルク用途の他に、指先での操作や弱めの調整締め付けにも最適です。

    • 多重ローブ

    多重ローブノブは、 スターノブと呼ばれることも多く、しっかりとグリップする必要がある用途向けに設計されています。独特な形状のため、しっかりつかむことができ、調整、 回転、固定などの用途に最適です。

    • ローレット加工

    ローレット加工のリムノブは、外縁が隆起しており、滑りにくいしっかりしたグリップに最適です。ローレット加工のノブは、一般に、作業員が湿潤環境や湿気の多い環境で接触する可能性のある用途で使用されます。

    材質

    クランプノブの本体の材質には、さまざまな金属やプラスチックが使用されており、 次のような種類があります。

    • ステンレススチール
    • アルミ
    • 熱可塑樹脂
    • ポリアミド
    • デュロプラスト
    • ナイロン

    ねじ部

    クランプノブには、雌ねじ、 雄スタッド、及びM3、 M4、 M5、 M6、 M8、 M10、 M12、M16のスルーホールねじ部が形成されています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    人気検索キーワード