型番

自己保持スペーサ

自己保持スペーサは、基板上のねじの先端を絶縁するために使用し、シャーシと基板の間の間隔を維持します。


自己保持スペーサはどのように機能しますか?

自己保持スペーサは、丸スペーサや六角スペーサに似ていますが、内径が特殊でねじ外側のシャンク部分をグリップします。スナップイン取付機構があり、ねじが取り外された場合も、必要な間隔を確保します。


スナップイン式スタンドオフが基板にはまり、基板をロックします。自己保持スペーサは、積み重ね部分を持ち上げ、部品間の物理的な接触を低減し、熱を放散するための十分なスペースを作ります。自己保持スペーサは、各種用途に対応できるように、スペースの高さが異なる製品が用意されています。


自己保持スペーサは、どのような用途に使用されますか?

自己保持スペーサは、製品の長さや寸法を正確に制御したい場合に使用します。代表的な利用方法:

  • 基板
  • ケーブルの組立
  • 通信設備
  • コンピュータの筐体
  • 車載用電子部品
  • LEDの位置決め

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数