検索キーワード履歴

    潤滑剤・グリース・オイル

    潤滑剤とは?


    潤滑剤は、摩擦や摩耗を抑えて潤滑のために使用される物質です。潤滑剤は、減摩材とも呼ばれ、機械の可動部などさまざまな用途や環境に適しています。例えば、ベアリング機械の場合、潤滑剤はベアリングが過熱しないように、油膜を形成して摩擦を減らし、ベアリングの破損を防止します。


    グリースとは何ですか?


    グリースは、油よりも粘度が高い半固体(半流動体)潤滑剤のことです。頻繁な潤滑投与が困難で、潤滑する必要があり、また表面からオイルが漏れやすい箇所で使用されます。通常は、植物油や鉱油を成分として含み、石鹸と混合されます。表面にグリースを塗布すると、最初は半固体になります。ただし、加熱すると粘性が高くなり、部品を潤滑します。


    オイルとは何ですか?


    オイルは潤滑油とも言い、液体としては水などに比べ粘性が高いです。優れた潤滑性がありさまざまな箇所で使用されますが、非常に高い可燃性があります。潤滑剤として使用されるオイルには、動物性オイル、植物性オイル、石油由来のオイルがあり、モーターオイルが最も一般的な例です。錆や腐食からの保護が、オイルの最も一般的な機能の1つです。主に、稼働する機器に使用されます。


    どのような種類のグリース、オイル、潤滑剤がありますか?


    潤滑剤は液体と非液体に分類できますが、さらに細かい種類に分けられます。石油系の潤滑剤が最も一般的なタイプで、使用成分であるオイル別に分類されます。これには、植物性、動物性、ベジタブルオイル等があります。グリースは、常温での流動性が低い半固体状の潤滑剤、増稠剤(ぞうちょうざい)別や基油別、用途によって分類されています。グリースとオイルの違いは、粘度や用途、特徴などがありますが、一番は増稠剤が加えられているか否かとなります。


    RSコンポーネンツは、幅広い潤滑剤、グリース、オイルの製品をはじめ、潤滑用途に対応する製品を豊富に揃えています。