グリース

幅広いグリース、オイル、潤滑油の製品を揃えています。多様なサイズや形式で、多様な用途に対応する製品をすべて揃えています。当社がお届けする製品には、切削液やグリースなどの防錆剤が含まれています。

潤滑材とは何ですか?

潤滑剤は、摩擦を減らすために2つ以上の可動面の間で使用されます。滑りやすさを最大限に高める品質を備えています。 潤滑剤は、さまざまな用途や環境で、摩耗や損傷から保護するために使用されます。例えば、ベアリング機械の場合、潤滑剤はベアリングが過熱しないように、熱源を分離する負荷ベアリングの保護フィルムを形成するので、ベアリングの破損が防止されます。

グリースとは何ですか?

グリースは通常、頻繁な潤滑が困難で、潤滑する必要のある表面からオイルが漏れやすい箇所で使用される潤滑剤です。通常は、植物油や鉱油を成分として含み、石鹸と混合されます。表面にグリースを塗布すると、最初は半固形状になります。ただし、加熱すると粘性が高くなり、部品の潤滑性が向上します。

オイルとは何ですか?

オイルは粘性液体で、水とは混ざりませんが、他のオイルとは混ざります。優れた潤滑性を提供しますが、非常に高い可燃性があります。潤滑油として使用されるオイルには、動物性オイル、植物性オイル(野菜油)、石油由来のオイルがあり、モーターオイルが最も一般的な例です。錆や腐食からの保護が、オイルの最も一般的な機能の1つです。主に、屋外環境で稼働する機器に使用されます。

グリース、オイル、及び潤滑剤には以下の種類があります。

潤滑剤は液体と非液体に分類できますが、さらに細かいサブタイプがあります。石油系の潤滑剤が最も一般的なサブタイプで、使用成分であるオイル別に分類されます。これには、植物性、動物性、ベジタブルオイルが含まれます。石油由来のオイルを定義するもう1つの要素には、粘度や組成、そして適用される一連の標準があります。こうしたオイルは、一般的に食料品に使用されています。石油の代替品として、羊毛に由来するラノリンがあります。その他のタイプとしては、固形、天然、金属があります。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) グリースタイプ パッケージサイズ パッケージタイプ 動作温度 Max 動作温度 Min
RS品番 694-0783
メーカー型番MG-420SP
メーカートラスコ中山
¥1,784.00
購入単位は1個
リチウム 420 ml エアロゾル +120°C -15°C
RS品番 694-0780
メーカー型番ALP-FM
メーカートラスコ中山
¥840.00
購入単位は1個
リチウム 420 ml エアロゾル +120°C -15°C