検索キーワード履歴

    チョークライン

    チョークラインはチョークの粉を利用してラインを引く工具です。定規では難しい、数メートルもの長い直線を引くことができるので、現場でのライン引きや家具のDIYなどには欠かせない大工道具の一つです。「画線器」とも呼ばれています。

    チョークラインは、手動で一回転ごとに巻き取るタイプと一気に巻戻せる「自動巻き取りタイプ」の二種類があります。自動巻き取りタイプは数メートル出しても一瞬で巻き取れるので、作業効率アップに役立ちます。

    チョークラインと墨つぼの違い

    チョークラインと墨つぼは、どちらも素材へ真っ直ぐな線を引くための道具です。構造もほぼ同じですが、引いた線を消せる・消せないなど、様々な違いがあります。それぞれの特徴から用途に合ったものを選択してください。

    • チョークライン:チョークの粉なので、線引きに失敗した場合何度でも消すことができます。初心者の人でも扱いやすいです。また、墨が付きにくいプラスチックや金属など、表面が滑らかな材料に対しても線を引くことができます。
    • 墨つぼ:墨なので、鮮明な線が引けます。ただし、1度引いた線を消すことはできないのでご注意ください。また、墨は乾燥しやすいという欠点があります。
    絞り込み
    並び替え
    1 1
    ページあたりの結果数