検索キーワード履歴

    水準器&傾斜計

    水準器は、物体の表面に置いて、水平面又は鉛直面に対する物体の角度や傾斜を測定する器具です。レベルや水平器とも呼ばれています。傾斜計もさまざまな原理を利用して傾斜を測定する測定器です。広義には水準器も傾斜計に含まれています。


    水準器の種類


    気泡を利用した気泡管水準器が最も一般的ですが、他にも円形水準器、レーザー水準器、角度を数値表示するデジタル式などがあります。


    • 気泡管水準器 - 曲率半径の大きい弧状気泡管に、小気泡を残してアルコール又はエーテルを封入密閉したもので、平らな板に弧を上向きに固定して使います。板の上下面が正しく平行、また取付けも正確であれば、器具を水平にしたとき気泡は管の中央にきます。ここを0位置として管に目盛りをつけておけば、気泡の動く範囲内の傾斜は測定できます。

    • 円形(円盤形)水準器 - 検測面の傾斜方向も同時に見るために,球面ガラス容器を使った平盤状の器具です。気泡の動いた方向が傾斜の高い方向で,動いた量が傾斜の量を示します。

    • レーザー水準器 - 非接触で使用可能な水準器です。可視光レーザー光線を発し、水準器より離れた位置に在る対象物に照射することで水平や高さを目で見て確認できます。

    水準器の用途


    水準器は原理が簡単で安価にも関わらず高い精度のものまで作れることから、土木、建築、測量などの分野を中心に広く用いられています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数