型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

ロッキングプライヤ

ロッキングプライヤは, パイプのクランプ, 又は固く締まった物体をひねることもできます.ロッキングプライヤは,一般にモールグリップ又はバイスプライヤとも呼ばれ,必要な用途に応じて,さまざまな構成, 形状,サイズの 製品を購入できます.

ロッキングプライヤは,どのような仕組みですか?

プライヤハンドルの片側には,ジョーの間隔を調整するためのボルトがあります.把持する物体にしっかりフィットし,物体が滑る危険性を排除します. 特に,大きなトルクや圧力がかかる場合に効果的です.

プライヤの反対側には, 2つのハンドルを同時に押して圧力をかけ,対象物をしっかりと把持できるレバーがあります. 通常はロック機構とガード付きレバーを備え,使用者の安全性を確保しながら対象物をしっかりとグリップします.また,作業が完了したときに2つのハンドルをともに上げると,ジョーのロックが解除されます.

ロッキングプライヤのタイプ

さまざまな種類のモールグリップが用意され, それぞれ対応する用途について明確な利点があります.次に,最も一般的な種類のモールグリップをいくつか示します.

  • ニードルノーズ又はロングノーズ - 小型電子機器用ワイヤの曲げやクランプなどで,手で扱うには大きすぎる用途で 使用できる精密ロックプライヤです.
  • ストレートジョー - フラットジョーを備え,金属シートや木板などの平らな物体の把持に最適です .
  • カーブジョー - ケーブル, ボルト, 留め具又は固定具をしっかり固定
  • ロングリーチ - 密閉された場所や狭い場所など,手が届きにくい場所での用途に最適

ロックプライヤはどのような場合に使用しますか?

ロックプライヤ又はモールグリップは,さまざまな用途で使用できます.従来は溶接プロセス中の金属の部品のクランプ, 把持,又はひねりに使用されていますが, ヘビーデューティな性質と最小限の労力で確実に把持できる能力により, ナットやボルトが損傷又は丸められた場合など,さまざまなメンテナンスや修理の用途, さらには釘抜きの用途にも利用されます.

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数