検索キーワード履歴

    カップリング

    カップリング(軸継手)は、2本のシャフトを結合して動力を伝達するために使用されます。


    カップリングには、物質のたわみ又は機械的なたわみのいずれかが使用されます。


    代表的な用途には、モーターとポンプ、モーターとギヤボックス、モーターと電動アクチュエータにモーターのカップリングがあります。


    同種のカップリングを交換する場合を除いて検討する要因:


    • モーターの馬力

    • RPM

    • BSE (シャフト両端間の距離)

    • 動作温度

    • 使用可能なスペース

    • 実行サイクル

    • 角度、平行、又は軸方向の位置ずれ処理

    あらゆるタイプのカップリングを使用できますが、特定のタイプに決定する前に多数の要因を考慮する必要があります。


    使用可能なカップリングのタイプ:


    汎用、バックラッシュなし、フレキシブルなビームカップリングには、複数のヘリカルカットが施され、1つの部品から機械加工されています。0.4 → 12 Nmの公称トルク範囲を備え、シングルビームカップリングと比較すると、巻き数が少なくて済みます。フレキシブル・ビーム形カップリングは、航空機器やラボ用機器から、ロボット用機器や医療機器まで、さまざまなモーション制御の用途で使用されます。一般的な産業用途は、モーターをポンプに接続する場合に発生します。ファクトリオートメーション機器とその他の機械工具は、フレキシブル・ビーム形カップリングを利用してモーターの動力源から動力を伝達します。


    ベローズ形カップリングは、2つのクランプハブの間に接続された、薄肉の柔軟な金属製の波形(蛇腹)で構成されています。メンテナンスなしで長時間持続する低慣性、ゼロバックラッシュのカップリングを実現するように設計されています。ベローズ形カップリングでは、あらゆるタイプのずれを調整し、高速での振動を低減するためにバランスの取れた設計を実現しています。材料の取扱いや、一般的なオートメーション、アセンブリなど、精密な位置決めが必要な用途に最適です。


    ジョーカップリングは、モーターや内燃システム内で動力(トルク)を伝達するために使用されます。これらの製品は2本のシャフトを接続して、トルクを円滑に伝達し、損失を削減するように設計されています。ジョーカップリングは、(システム内の負荷を突然かつ急激に増加させる)衝撃負荷や、熱膨張又は製造の非効率性が原因で発生するシャフトのずれを防止します。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数