検索キーワード履歴

    コンデンサアレイ

    コンデンサは、2本のワイヤを接合した電気部品です。電子回路の基礎として、電荷を蓄えるバッテリのように動作します。


    コンデンサは多くの場合、2つの金属製のシートで構成され、誘導体と呼ばれる絶縁材で区切られています。絶縁材は、電気の流れを妨げます。


    アレイコンデンサは、1つのパッケージになったコンデンサのグループです。ネットワークコンデンサとは異なり、相互には接続されていません。


    コンデンサはどのように機能しますか?


    コンデンサは電池のように機能し、電荷を貯蔵したり開放したります。一般的には局地的に蓄電したり、安全しきい値を上回る電圧をブロックしたりする(電圧スパイク抑制)場合に使われます。また、複雑な信号のフィルタリングにも使用されています。たとえば、AC (交流電流)の信号を通しつつ、単一方向の電流であるDC (直流)をブロックするために使用できます。


    コンデンサアレイにはどのような種類がありますか?


    コンデンサアレイには1つ、4つ又は5つのコンデンサを含むものがあります。容量、すなわち貯えることができるエネルギー量に相違があります。容量範囲は、10 picofarads (pF)から470 nanofarads (nF)です(1 nF = 1000 pF)。電圧は、4~200 DC V (V dc)の間で変化します。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数