検索キーワード履歴

    溶接面

    溶接マスクは、溶接の副作用から身を守るために不可欠です。閃光火傷、火花、過度の熱は、すべて溶接プロセスの一般的なリスクです。溶接のヘルメットとマスクは、顔と目を守るために特に必要とされる保護性能を備えています。RSは、調整可能なさまざまなヘルメットとマスクを取り揃えて、作業場の要件に対応する製品を提供しています。溶接マスクの仕組み基本的に溶接マスクは、顔と目を覆うようにして使用する頭部の保護具です。遮光度が一定の製品と自動遮光の製品が用意されており、閃光火傷や不規則な火花によるダメージから目を守りながら、作業に専念することができます。これらの製品は通常、ガラス繊維やポリアミドで製造されており、比較的軽量でありながら、同時に十分な保護機能を提供します。遮光度が一定のマスクと比較した自動遮光面の溶接マスクの欠点大きく分類すると、溶接マスクには、遮光度が一定のマスクと自動遮光面を備えたマスクの2種類があります。遮光度が一定のマスクには、通常、フリップアップ式のフェイスシールドが備わっています。したがって、溶接していないときは、通常の視界を確保できます。また、溶接の準備ができたら、今度は下を向いてシールドを閉じることができます。自動遮光面を備えたヘルメットは、有害な閃光火傷を自動的に防止する偏光フィルタを採用しています。したがって、着用者は作業のためにヘルメットを調整する必要がなく、作業時間と労力を節約できるという利点があります。調整の必要がないため、有害な光にさらされるリスクが軽減されます。自動遮光面を備えた溶接ヘルメットの主な欠点は、多くの場合、遮光度が一定の製品よりも高価であるということです。目の前の作業に最適な溶接マスクを選択することが重要です。用途金属アーク溶接ガスタングステンアーク溶接ガスメタルアーク溶接プラズマアーク切断研削ろう付け
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数