検索キーワード履歴

    落下防止ランヤード

    落下防止ランヤードは、高所での作業時にPPEの重要な役割を担っています。ランヤードはアンカー及び作業エリアの落下防止装置となり、誤って落下しても、 落下防止ランヤードが落下の力を吸収して、安全を確保します。使用する落下防止装置及びハーネスに付属しているメーカーの指示書を必ずお読みください。 PetzlやProtectaなどのサプライヤは、詳細情報を提供しています。

    どのような種類の落下防止ランヤードが利用できますか?

    落下防止ランヤードは、主に3種類あります。 常に、 どのタイプのランヤードを使用する場合でも、 落下距離の長さに対してランヤードの長さを確認してください。ランヤードを 正しい方法でアンカーポイントに接続することも重要です。

    衝撃吸収ランヤードは安全ハーネスと併用することで、完全な落下防止安全性を実現します。ランヤードには織布ウェビングセンターがあり、 落下した場合は、伸長して体への衝撃を抑えます。

    通常、収納式ランヤードは、安全ハーネスに接続されたDリングに取り付けます。ランヤードは、必要なときに命綱となります。その後、ランヤードを収納すると、衝撃を吸収するシートベルトと同じように機能させることができます。

    作業用ポジショニングランヤードは、落下防止装置や落下防止ハーネスとともに使用する必要があります。 ランヤードは使用者を固定位置に保持し、 落下しないようにします。さまざまな長さ、 カーンマントルロープなどさまざまな種類のロープを選択でき、 さらに カラビナとアンカーポイントが付属している場合もあります

    正しい安全装置は、使用者個人の安全に不可欠で、当社では、さまざまな落下防止安全装置、 腰綱、 安全ハーネス、 ランヤード、 シングルレッグ / ツインレッグランヤード、 命綱、 カラビナ、 落下防止ブロック、 必要なアクセサリを含む落下リカバリキットを取り揃えています。

    絞り込み
    並び替え
    1 1
    ページあたりの結果数