セーフティフットウェア

安全靴は、建設、 倉庫、 工場、キッチンなどの作業場で必須の個人用保護具です。足を保護し、落下物や圧迫による怪我を防止し、仕事の日は終日着用できます。


保護の種類


安全靴には、さまざまなスタイルとサイズがあります。 従来の安全靴及び安全ブーツは、強化されたトゥキャップを備え、衝撃から足を保護しますが、 最近のトゥキャップは、アルミや金属を使わない熱可塑性樹脂などの素材で作られています。 そのため、 危険な場所や重い荷物を取り扱う場所で必要になります。通常、トゥキャップがスチール製又は複合素材製のブーツは、 重い荷物が足に落ちてくる可能性が高い、倉庫で使用されます。


より危険な環境では、 より頑丈な保護靴が必要です。当社では、耐切創性、 貫通防止スチール製ミッドソールと耐摩耗性安全靴を取り揃えています。こうした靴やブーツを履くと、造園や樹木の手入れ、 重機を使用する場所などの危険な現場で保護されます。耐衝撃性の安全靴やブーツは、振動からも保護します。


防水靴は、悪天候や湿潤環境で安全性を確保できますが、 場合によっては、より強固な液体保護が必要になります。当社の製品には、 オイルや化学薬品に対する耐性を備えた安全ブーツ、 靴、 トレーナ、及びウェリントンがあります。 酸や脂肪に対する耐性を備えた製品もあり、 最も厳しい安全衛生要件を満たす靴をご利用いただけます。


安全に関する要件がそれほど厳しくない場合のために、より快適な靴も取り扱っています。軽量で通気性に優れた安全トレーナも、作業場の床が濡れている場合に対応する滑り止め加工ソールも、 安全靴は、ゴワゴワした不快なものであってはなりません。


重いものを扱う場合でも、 化学薬品を使って作業する場合や抗菌、 帯電防止又はESD安全特性が必要な場合でも、 多くの環境では、適切な安全靴が標準的な要件です。当社の安全靴製品には、主要ブランドの高品質な靴を取り揃えており、 あらゆる用途に対応できます。


安全靴は、どのように評価されますか?


EN規格は、選択した安全靴が作業服に関する必要な規格に適合していることを確認するための最も簡単で迅速な方法です。 詳細については、当社のフットウェア保護ガイドを参照してください。