型番

安全トレーナ

安全トレーナは、軽量で、 通気性が高く、快適でありながら、従来の安全靴よりも高い柔軟性を備えています。少し前には、 安全トレーナを履きたい場合、選択肢が限られていただけではなく、 トレーナはゴワゴワし、1日中履いているのが不快でした。ありがたいことに、使用される素材及びこのスタイルの作業服デザインの両方に多くの前進があったため、そのような時代は終わりを告げました。


安全トレーナの選択


次に、安全トレーナの選択及び購入の際に考慮すべき点をいくつか示します。


一般的な特長


代表的な安全靴は、スチール製トゥキャップで強化されていますが、 安全トレーナは、トゥキャップがスチール製、 合成素材製、又はアルミ製の製品を取り揃えています。アルミ製及び合成素材製のトゥキャップは、通常、スチール製のトゥキャップよりも軽量です。


安全トレーナの考慮すべきその他の特長:



  • フィット感 - 安全靴が適切にフィットしていないと、外反母趾、 まめなど、足に問題が生じるおそれがあります。さらに、 靴が正しくフィットしていない場合、 怪我から保護されない場合があります。次の点を考慮してください。

  • アッパー - 足が呼吸できるように天然素材でできているのが理想的です。一部の安全トレーナは、水を弾くようにコーティングが施されています

  • インソール - 着用者が調整できるように、取り外し可能です

  • ミッドソール - 一部のトレーナは、貫通を防止するためにスチール製又は複合材製のミッドソールを備えています

  • 靴底 - 頑丈で耐久性に優れています。通常はゴム、 ポリウレタン、又は滑り止め特性に優れたPVCMなどの素材で作られます。

  • かかと - 理想的には4 cm以下です。トレーナを4時間以上履く場合は、2 cm以上にしないでください

  • ヒールフィット - 履いたときに靴が滑らないように、ぴったりフィットしている必要があります

  • つま先合わせ - つま先を自由に動かせる必要があります。安全トレーナに複合素材製、アルミ製、又はスチール製のトゥキャップも付属している場合、 つま先がトゥキャップに触れてはなりません。

  • 重量 - 軽量のトレーナの方が、より快適に1日中過ごせます。


安全靴は、どのように評価されますか?


欧州規格の評価はSB (基本レベル)、 S1 、 S2、S3、S4、 S5です。詳細については、当社のフットウェア保護ガイドを参照してください。

"

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数