型番

容積式ポンプ

吐水式ポンプは、液体に対して一定速度でほぼ一定流量を確保する専用ポンプです。定量の液体をせき止めて、それを放出管に流し込みます。吐水式ポンプは、放出圧力にかかわらず、指定の速度(RPM)で同じ流量を生成できます。このタイプのポンプは、遠心ポンプのようなシャットオフヘッドがないので、密閉型バルブに対して動作できません。吐水式ポンプが一定流量を生成して閉塞管内で圧力が高まると、ライン又はポンプ(あるいはその両方)が損傷します。

吐水式ポンプは、主に次の2つのカテゴリに分類できます。
• ロータリポンプ - システムを通じて液体を移動させる回転機構を使用して液体を流します。
• レシプロポンプ - 液体を移動させるためにピストン、プランジ、又はメンブレンを使用します。

ロータリポンプ
ロータリポンプは、一定の低速度回転を必要とする高粘性流体でも動作可能で、非常に効率的です。機構の回転が速すぎる場合、液体による浸食の原因となり、最終的に間隙の拡大につながり、液体が通過して圧力が軽減する可能性があります。
ロータリポンプは、主に次の3つのタイプに分類できます。
• ギアポンプ: 2つのギアを使用して液体を送リ出す最も簡単なタイプのポンプです。
• スクリューポンプ: 液体を送リ出すために2つのスクリューが相対して配置された、より複雑なタイプのポンプです。
• ロータリベーンポンプ: このポンプは、円筒型のロータリエンジンを備えています。ロータが循環すると、ベーンがロータとエンジンハウジング間の液体をせき止め、ポンプを通じて液体を押し出します。

レシプロポンプ
レシプロポンプは、シリンダとその内部のレシプロプランジャから構成されています。各シリンダには、2つのバルブが含まれます。一方が液体を吸引し、他方が放出します。吸引段階では、吸引バルブが開き、シリンダ内に液体が吸引されるようになります。次のステップで、プランジャが放出バルブを通じてシリンダから液体を押し出します。
レシプロポンプのタイプ:
• プランジャポンプ: プランジャは1つ又は2つの開バルブを通じて液体を押し出し、次に開バルブを閉じて、吸引された液体を放出バルブから押し出します。
• ダイアフラムポンプ: プランジャポンプと同様に、プランジャがポンプシリンダ内のダイアフラムの屈曲に使用される作動油を加圧します。ダイアフラムバルブは、危険で有毒な液体を送リ出すために使用されます。
• ピストンポンプ: 吸い上げポンプでは、ピストンのアップストロークによりバルブを通じてシリンダの低部に液体を引き寄せます。ダウンストロークでは、ピストン内のバルブセットを通じて液体がシリンダ上部に送られます。次のアップストロークで、シリンダ上部のスパウトから水が放出されます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数