型番

スパーギヤ

最も一般的なギアは、ストレートカットギアとも呼ばれる スパーギアで、さまざまな用途に使用されています。このギアは、特別に設計されており、反対方向に回転するシャフトを平行に配置することで大きな動力を伝達できるようになっています。

スパーギアは、回転軸に平行に歯が切られており、 まっすぐな歯が軸から放射状に突出しています。この構造により、ギア同士のかみ合いがスムーズになり、組み立て距離を長くすることができます。スパーギアは、ハブを中央に配置することも、ハブなしにすることも可能です。また、さまざまなピッチ、 ハブ、穴径のものを取り揃えています。スパーギアの標準圧力角は14.5度、 20度、25度です。 この角度は、かみ合うギア間で動力が伝達される角度を指します。

スパーギアは他のギアとのかみ合わせが容易であるため、 より多くのギアを使用し、高い減速率を実現することができます。ギアがかみ合っている場合、歯数が最も多いギアが「ギア」と呼ばれ、 歯数が少ない歯車は「ピニオン」と呼ばれます。

スパーギアの利点

  • 高い伝達効率
  • コンパクトで取り付けが非常に簡単
  • 安定した速度比
  • ベルト駆動と異なり、滑らない
  • 高信頼性
  • 大きな動力の伝達が可能

スパーギアの種類

一般にプラスチック製のスパーギアは、アセタール又はナイロンでできており、軽量性、 防錆性、静音性など、多くの優れた特性があります。また、低コストで大量生産が可能で、潤滑剤なしでの操業も可能になります。衛生上の理由から、 プラスチック製のスパーギアは、食品加工や医療機器の関連業界に最適です。

金属製のスパーギアは、プラスチック製のものよりも強度、 耐荷重、耐熱性に優れています。また、プラスチック製よりも寸法的に安定しており、アルミ、 黄銅、ステンレススチールなど、さまざまな金属で製造されています。

一般的な用途

  • 金属切断機
  • 船舶エンジン
  • 機械式置き時計 / 腕時計
  • 燃料ポンプ
  • 洗濯機
  • ギアモーターやギアポンプ
  • ラックアンドピニオン機構
  • マテハン機器
  • 自動車のギアボックス
  • 製鋼 / 圧延工場

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数