検索キーワード履歴

    油圧式逆止弁

    油圧チェックバルブは、油圧システム内でシンプルでありながらも 非常に重要な機能を実行します。チェックバルブは、一方向への液体の自由な流れを可能にし、反対方向への流れをブロックします。NRV (逆止弁)とも呼ばれるこのシンプルな装置は、流体の逆流圧力によって発生する可能性のある損傷を防止するために役立ちます。RSコンポーネンツでは、Parker、 Bosch Rexroth、そしてもちろんRS PROを含む主要ブランドの高品質な油圧部品を幅広く提供しています。

    油圧チェックバルブの仕組み

    油圧チェックバルブにはインレットポートとアウトレットポートの 2つのポートがあり、 フローの影響を受けやすく、流体を使用して内部シートを開閉します。油圧チェックバルブは非常にユニークで、 操作に人間の介入を必要としないバルブの一種です。油圧チェックバルブは完全に自動化されています。

    油圧チェックバルブの取り付けタイプ

    油圧チェックバルブには、主に2つの取り付けタイプがあります。インラインねじ、 又はCETOPプレート取り付けです。

    油圧インラインねじ込み式チェックバルブ

    インラインチェックバルブは、油圧パイプラインに直接取り付けることができます。通常は、頑丈なニトリルゴム又はナイロンのシールを備えたスチール製又はステンレススチール製です。ねじサイズは1/4インチから1インチまでの標準BSPねじです。

    CETOP取り付け油圧チェックバルブ

    このチェックバルブは、金属製又はプラスチック製のハウジングに密閉され、モジュール構造用のCETOP取り付けを備えています。複動式と単動式があります。

    クラッキング圧とは

    クラッキング圧とは、流れが初めて発生するときの、バルブの入口と出口の間の最小の圧力差です。クラッキング圧に達すると、 バルブが開いて流れが起こり、 圧力が落ちるとバルブが閉じます。

    CETOPとは

    CETOPとは、Comité Européen des Transmissions Oléohydrauliques et Pneumatiquesの略であり、CETOPはEuropean Fluid Power Committee (欧州流体動力委員会)です。CETOPは、ヨーロッパの流体動力に関する通信プラットフォームです。CETOP取り付けバルブには、モジュラ構造用の標準的な取り付けパターン備え、CETOPパターンが同じである限り、 あらゆるメーカーのバルブが相互に互換性を持ちます。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数