型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

油圧リリーフ弁 - CETOP取付け

圧力リリーフバルブは空圧システム及び油圧システムで使用され、システム内の圧力を安全に制限又は制御して、 あらかじめ設定された圧力レベル以上にならないようにします。このように圧力を制御することで、 多くの安全上の危険を回避できます。 例えば、機器や装置の故障、 プロセスの混乱、 又は火災などを防止できます。 RSコンポーネンツでは、CETOP及びライン取り付けオプションが揃った、 Bosch Rexroth、 HydraforceやParker などの主要メーカーの製品をご用意しています。

圧力リリーフバルブの仕組み

リリーフバルブは、システム内であらかじめ決められた圧力レベルに達したときに開くように設計されており(又は操作者が設定することも可能)、機器が設計限界を超える圧力にさらされないようにします。 バルブ内のボール、 スプール又はポペットがスプリングに対して配置され、 十分な圧力がかかると、 これらのコンポーネントが所定位置に押し込まれてバルブが開きます。 バルブが開くと、 加圧された流体(液体又はガス)は、リザーバへの補助経路又は適切な廃棄方法を介して流れ、 メインシステム内の圧力を解放します。圧力が十分に低下して所定のレベルを下回ると、 バルブが再び閉じ、圧力と流量が維持されます。

圧力リリーフバルブの用途

圧力リリーフバルブは、 石油化学製品や化学製品製造、 石油精製、 天然ガス処理及び流体発電産業などで見られる油圧システム及び空圧システムで使用されます。

CETOP取り付けとは

CETOPとは、Comité Européen des Transmissions Oléohydrauliques et Pneumatiquesの略で、 欧州流体動力委員会です。CETOPは、ヨーロッパの流体動力のための通信プラットフォームです。 CETOP取り付けバルブは、モジュラ構造用の標準的な取り付けパターンを備え、CETOPパターンが同じである限り、 あらゆるメーカーのバルブが相互に互換性を持ちます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数