型番

エア圧力減衰センサ

エア圧の圧力減衰センサは、 エア圧しきい値センサとも呼ばれ、 このラインの圧力を使い果たし、シリンダがストロークの最後にあることを検出するために使用されます。圧力損失が発生すると、センサは空圧式又は電動式の出力信号を出力します。通常、エア圧の圧力減衰センサは、空圧システム内のシリンダ又は制御バルブに取り付けられます。これにより、シリンダの動作を制御できます。

このセンサには、ねじ込み式インレットポートが装備されています。 例えばG 1/8とアウトレットチューブなどです。センサの動作温度と破壊圧力の両方を考慮することが重要です。

エア圧の圧力減衰センサの用途

  • 製造
  • 自動車
  • ロボット
  • 包装

Loading...

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0