型番

圧力ポンプ

当社の圧力ポンプ製品には、油圧ポンプ、空圧ポンプ、自動 / 手動ポンプ、各種の圧力テストポンプなど、さまざまなタイプが揃っています。シンプルな圧力ポンプの主な目的は、産業、家庭、業務いずれの環境であっても、特定の用途に対する水、オイル、又は空気の出力を上げ、供給を増やし、安定化させることです。産業分野では、圧力ポンプが圧力作動製品のテスト、トラブルシューティング、及びキャリブレーションの支援に使われることもあります。


圧力ポンプの仕組みは?


圧力ポンプの仕組みは、タイプと用途によって大きく異なります。大部分のポンプは、システム内の圧力を増減する原理で動作します。ポンプをシステムに接続するときは、出口と入口のバルブを確認することが重要です。これは、現在の圧力を示す圧力ダイヤルの確認と併せて行う必要があります。圧力を上げるため、ピストン、ロータリベーン、又はダイアフラムの原理を使用して、ユーザーがシステムに空気又はオイルを注入します。ポンプは空気又はオイルを引き込み、システムに押し出します。圧力を下げるため、バルブ又は圧力スイッチを開いて圧力の流れを減らすことができます。これにより、空気又はオイルがシステムから排出されます。


圧力ポンプの用途は?


圧力ポンプは、次のような用途で最も一般的に使用されています。


  • 配管修理工事又は設備の確認

  • 水道管やセントラルヒーティングの漏れのテスト又は位置特定

  • 圧力トランスミッタ、スイッチ、インジケータ、コントローラのキャリブレーションチェック

  • テスト設備の圧力源として

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数